スイカオートチャージ機能



スイカの最大の特徴といえるスイカオートチャージ機能。オートチャージ機能とは、スイカのチャージ残高が2,000円以下になると、駅の自動改札機にタッチして入場する際に自動的3,000円をチャージされるサービスのことです。オートチャージサービス機能があれば、改札機にタッチするだけで自動的にチャージされるので、現金を用意したり、券売機の列に並んだり・・・などの手間いらずで、いつでも便利にご利用できるスグレモノのサービスなのです。

ちなみにスイカでも現在オートチャージ機能を利用することが可能です。
詳しくはこちら


スイカオートチャージ申し込みの手順

@クレジットカードを選ぶ
まずは提携クレジットカード一覧の中から、オートチャージサービス支払い用のクレジットカードを1枚選びます。すでに持っている場合は、スイカのみを新規申し込みします。詳細は各クレジットカード会社にお問い合わせください。

A申込書の手に入れる
まずはそれぞれのクレジットカードの申込書を手に入れます。申込書は駅等で手に入れることができますし、こちらからインターネットを通じて申し込むこともできます。
※現在、予想外の売行きのためオートチャージ機能付きスイカの申込みをすることができません。詳しくはコチラ。

B申込書の記入および送付
申込書に必要事項を記入したら、必要書類を同封の上、申込書記載の宛先に送付します。

Cスイカを受け取る
申し込み後大体4週間程度でオートチャージ機能付きスイカが郵送されてきます。ちなみに、クレジットカードとは別送です。このオートチャージ機能付きスイカに、使用中の磁気定期券からの移し替えは可能です。

Dスイカに名前を記入する
届いたスイカのカード裏面に名義人本人の名前を記入します。してご利用ください。名義人以外が使用するとスイカを没収される場合があるので注意。届いたスイカはチャージされていませんが、駅の改札機に初めてタッチしたと同時にチャージされるのでご安心を。

こんなときどうする??


◆オートチャージができない。
@スイカオートチャージの利用限度額は、1日あたり3回(計9,000円)および1ヶ月あたり16回(計48,000円)です。これを超えてしまうとオートチャージできなくなります。
A支払い用クレジットカードの事情によりオートチャージできなくなります。
B支払い用クレジットカードを解約した場合オートチャージできなくなります。
Cオートチャージサービスの有効期限が切れるとオートチャージできなくなります。

◆スイカオートチャージサービスの有効期限が切れた。
オートチャージ機能付きスイカには、有効期限があり基本的には支払い用クレジットカードの有効期限と同じでス。有効期限を延長するには、有効期限が切れる7日前から有効期限後6ヶ月の間にオートチャージ機能付きスイカを駅など(Suica取扱事業者)に持参して、延長手続きをおこないましょう。この期間内に手続きをおこなわないと失効されてしまうので注意しましょう。

>>オートチャージでスイカはもっと便利になります!