スイカ基礎のキソ



スイカ(Suica)の購入方法とサービス

スイカは、オートチャージ機能付きスイカを除き、通常首都圏の私鉄・地下鉄の駅やバスの営業所などで購入することができます。スイカ定期券を除く、記名スイカと無記名スイカの発売額は1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円の6種類あります。この発売額のなかにはデポジットの500円が含まれるため、実際の利用可能金額は発売−500円になります。デポジットの500円は、Suica同様スイカが不要になった際に返却されます。


チャージ(入金)方法

私鉄・地下鉄などの鉄道の場合は、駅に設置されている自動券売機・自動精算機・入金(チャージ)機でチャージすることができ、1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円の6種類から選択できます。また、バスの場合は、バス車内でも1,000円単位でチャージすることが可能です。ちなみにチャージできる上限金額は20,000円までです。


履歴表示・印字機能

スイカもSuicaと同様、駅の券売機やバス営業所等で履歴表示・印字することができます。履歴表示には、「ご利用日」、「ご利用内容(種別)」、「運賃を減額した区間」等が表示され、またバスに乗車した場合には、「バス事業者の名前」が表示されます。印字件数は50件で、一度印字すると再印字ができないので注意。またスイカ定期券や記名スイカの場合は、インターネットを利用した履歴照会も可能です。インターネットを利用するには、事前におスイカのカード番号と、名前、生年月日、電話番号のご登録が必要です。
詳しくは、http://www.Suica.co.jp/useful/mypage.htmlまで 。


電子マネー機能

スイカは、都営地下鉄駅構内の店舗や自動販売機等で電子マネーとして使うことができます。さらに、Suicaとの相互利用が可能なので、Suica対象店舗でも使用可能です。


スイカオートチャージ機能

スイカオートチャージ機能とは、スイカのチャージ残高が2,000円以下になると、駅の自動改札機にタッチして入場する際に自動的に3,000円をチャージされるサービスのことです。小児用スイカにオートチャージ機能を付加することはできませんし、クレジット決済で自動的にチャージ(入金)されるため事前に提携クレジットカードの申し込みが必要です。

>>オートチャージでスイカはもっと便利になります!